自動車ローン金利比較サイト。金利相場や平均と比較すると安い金利の自動車ローンを紹介しています。

自動車ローン金利比較はコチラ@残価設定型クレジットは本当にお得!?

残クレジットってお得に見えるけど本当!?

残価設定型クレジットは本当にお得なの?


最近は自動車メーカーもローン・ファイナンスの提供をしてたりで、借入先が増えてどこからお金を借りるか迷いますよね。

自動車メーカーのローンとして利用者が増えてきたのが「残価設定型クレジット」です。

残価設定型クレジット・ローンは、3~5年後の下取り価格を差し引いた残額を毎月支払っていくローンと思われがちですが実は違います。

女性の画像下取り予定価格は割り引かれるのではなく、最終支払回に払う設定になっているのです。

で、最終支払の段階で、

  • 新車に買い替え(同じディーラーで新車購入)
  • 車を返却し、その分を最終回の支払いに充てる
  • 車を買取り(最終支払回の金額を現金一括支払い or 改めてローンを組んで月賦払い)

の3つから選ぶことになります。


しかし、よく考えて欲しいのは下取り価格が最終支払回に残っているということは、結局はその金額も含めて金利が発生しているということです。

よく勘違いしがちなのは下取り額を差し引いた残額でローンを組むから、金利もその残額分しか掛からないと思ってしまうことです。

全額に金利は掛かっているので、しっかりと利息は取られているので金利比較や返済シミュレーションを間違えないようにしましょうね。

そういうこともあって金利や利息の面で考えると、設定型クレジットを利用した方がお得とは一概には言えないです。

また、残価設定型クレジットには、車両買取保証の条件もあります。
  • 違法改造などが行われていないこと
  • 事故による修復歴がないこと
  • 設定された走行距離を超えていないこと

これらの条件をクリアしていないと追加料金が発生したり、買取り拒否をされてしまうこともあるので注意が必要です。

残価設定型クレジットでローンを組んだ車を乗っている間は、距離やキズなどに気を遣いながら乗ることになるので快適なカーライフとは言い難いですよね。


 

残価設定型クレジットの利用がオススメな人

それでも残価設定型クレジットを利用したほうがいい人もいます。


【新婚さん】
結婚して新しい生活をスタートするにあたって車を購入するという方も多いと思います。

新婚さんの場合は、結婚生活をスタートさせて数年の間でライフスタイルが大きく変わります。

結婚当初は車は2人で乗るものですが、子供が生まれてくるとファミリーカーへと乗り換えていきますよね。

子供が生まれてからを見越して最初からファミリーカーを買おうと思うと、その車両本体価格の高さに驚いてしまうことになるでしょう。

なんだかんだでトータル300万円は超えますからね。

そこで登場するのが「残価設定型クレジット」です。

結婚当初は軽自動車や小型車を選び、子供が生まれてからファミリーカーへと乗り換えるのに残価設定型クレジットを利用するのです。

期間を3年~5年で設定しておけば、ファミリーカーに乗り換える時の費用を抑えることが可能かもしれません。

ポイントは、最終支払回の金額をどうやって支払うかにあります。

ファミリーカーに乗り換えるということは、乗っている車を返却することになります。

車を返却(下取り)することで最終支払額を相殺するのですが、下取りは別の下取り会社に依頼する方法もあります。

別の中古車センターなどに下取りの見積もりを取って、最終支払回の金額よりも高い見積もりが出たら「最終支払額を一括支払い」して車を購入してしまえばいいのです。

購入した車を高い下取り価格を出してくれた買取り会社に販売すれば、浮いたお金が新車購入の足しになります。

下取り見積もりをして最終支払額よりも低ければ、そのまま車を返却すればいいだけです。

このようにすれば、どっちがお得か選ぶこともできます。

この辺は次の新車を購入するときの交渉材料にもなりますから、見積もり交渉の際に他社でお下取り金額がいくらかを下調べしておくことをオススメします。

車ローン 金利と併せて下取り金額も調べて、いつでも交渉に使えるように準備しておきましょう。


 

最終的に残価設定型クレジットは本当にお得なの?

残価設定型クレジットは一見するとお得なローンのように見えますが、内容をしっかり確認してからでないとお得かどうかの判断は難しいです。

特に金利などだけで比較すると、一般的な銀行の自動車ローンを利用する方がお得です。

ライフスタイルの変化(結婚・出産・親との同居など)が見込まれる人は利用する価値があるかもしれませんが、それもよく調べてからの方がいいです。

特に「最終支払価格がいくらで設定されるのか」はしっかりと事前に確認しておくようにしましょう。

最終支払価格こそがその車の「下取り価格」となる訳ですから、それが相場よりも安く設定されてしまっていると「実は損をしていた」なんてことになりかねません。

残価設定型クレジットの場合は、実質年率が5%前後と銀行の自動車ローンと比較すると高めの設定なのも気になるところです。

銀行の自動車ローンを借りれるならば、そちらを利用した方が結果的にお得となる人の方が多いです。

 

【低金利の自動車ローン】


 

 

自動車ローンで低金利と評判のローンはコチラ!

自動車ローンの借入先として利用されるのは、「購入するディーラーから進められるディーラーローン」か「給与振込みなどで口座を作っている銀行の自動車ローン」が多いようです。ディーラーローンについては、ディーラーが手続きをしてくれるしローン審査も通りやすく審査期間も即日で審査結果が分かるのでそのまま借り入れしてしまいがちです。でも、ディーラーローンは金利が高いケースが多く、与信に心配がある場合以外はあまりオススメできません。その点、銀行の自動車ローンはディーラーローンと比較して、金利が低いうえに給料口座利用などで優遇金利を受けられる場合もあります。反面、審査基準はディーラーローンよりも厳しくなり、審査時間も1~3週間程度掛かることもあります。納車が迫っていたり、あまり時間がない場合などは利用しにくいのがデメリットと言えるでしょう。しかし、銀行系自動車ローンよりも低金利で審査機関の短い自動車ローンがあることを知っていますか?大手企業の金融部門でインターネット経由で申し込みも審査もしてもらえるローンサービスです。保証料込みの低金利で人気なのが、「常陽銀行:JOYO車」「損保ジャパン興亜ジャパン」の2つです。低金利ということではJAバンクのマイカーローンがありますが、別途保証料が必要なことから総支払額は銀行系ローンと大差なくなります。その点では保証料込みで銀行系ローンよりも低い金利設定の上記2社のローンサービスは借り手にメリットの大きいスペックと言えます。また、住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローンでは、所定の条件を満たせば優遇金利が適用されるので乗り換えの場合はさらにお得になります。金利については、公式サイトより最新情報をご確認下さい。